読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LOVE PENTAXYZ

News & Tips about PENTAX products, and daily photos by PENTAX cameras.

iPhoneで使える Eye-Fi を最安値で手に入れる方法

Tips





"カワイイ"をシェアする写真術 (定価 ¥1890) に、
Eye-Fi カード 01 (Android専用版のEye-Fi Mobi)の4GB が付いています。
現状、新品で手に入るEye-Fiカードとしては、これが最安値かと思います。

ネット上では、定価以上で取引されていたりするので、お近くの書店でお求めください。 (理由は後述)

「Eye-Fi カード 01」自体は、Android専用なのですが、
ひと手間かけることで、iOS (iPhone, iPod touch)でも使えました。

以下に、Eye-Fi カード 01 をiOSで使う方法をまとめています。

【最初に】

Eye-Fiカードとは何ぞ、というところから説明すると。。。

撮影写真を、スマホやPCに無線で自動転送できるSDカードです。
通常のSDカードと同様に、デジカメに入れて、撮影するだけで、自動的に撮影写真が転送されます。
(設定で、選択した写真のみ転送することも可能です。)
撮った写真をその場でシェアしたいなんてときに便利です。

【iOSで使う方法】

前準備


  • PCに、Eye-Fi Centerをインストール
    • ※ リンク先の 『Eye-Fiカード 01、Eye-Fiレシーバー for ドコモのお客様はこちら』は無視して、Eye-Fi Center Softwareをダウンロード。 
  • Eye-Fiアカウントを作成

方法


Eye-Fi カード 01を取り出して、PCのSDカードスロットに入れます。
(箱やdocomoと書かれたカードは不要なので捨てましょう。)

  1. Eye-Fi カード 01 をフォーマットします
  2. Eye-Fi Center を起動します
  3. 更新通知が出るので、ファームウェアを更新します
以上で、Eye-Fi カード 01が、iOSでも使える 通常のEye-Fiカードに変わります。

通常のEye-Fiカードの使い方

あとは、通常のEye-Fiカードと同様なので、Eye-Fi Centerで好きなように設定してもらえればと思うのですが、参考までに、iOSで使う際の、設定方法の一例を以下に示します。

Eye-FiカードをPCに入れて、Eye-Fi Centerを立ち上げると、
以下のダイアログが表示されるので

「自分のモバイル端末」を選択
「Eye-Fiアカウントにも送信します。」のチェックは外す
iPad/iPhoneを選択
あとは「続ける」を連打。 

あとは、好みでEye-Fi Centerから、Eye-Fiの動作設定を変更。

デフォルトでは、自動で撮影写真を全てスマホに転送

選択したもの(プロテクトを付けたもの)だけ転送したい場合は、
「選択共有」を選択

待機時間の変更
(デフォルトで良いと思いますが、
より安定してつなぎたい場合は、時間設定を長めに、
電池の持ちを優先したい場合は、時間設定を短めに)

iPhoneには、Eye-Fiアプリをインストール
「設定」→「Eye-Fiカード設定」→Eye-Fi Centerで設定したEye-Fiカードを選択→「ネットワークの追加」

あとは、Eye-Fiカードを使って撮影した時に、iPhoneのEye-Fiアプリを立ち上げればOK。
(iPhoneがEye-Fiに自動でWi-Fi接続されない場合は、手動で接続する必要あり。)

あとは、適当に。

メモ


ダイレクトモード(スマホに直接転送するモード)で使う場合、プライベートネットワークや公衆無線LANへの接続設定はしない方がおススメです。

(プライベートネットワークや公衆無線LANへの接続設定をすると、スマホへの転送に使う分には、使い勝手が悪くなります。具体的には、Eye-Fiカードの電源を入れてから、ダイレクトモードに切り替わるまでの時間が長くなる。)

【書店での購入をお薦めする理由】

"カワイイ"をシェアする写真術なのですが、
現在のAmazon マーケット(¥2300程度で販売)のように定価で買えない場合は、
Eye-Fi Mobi を買った方が良いかもしれません。

(最初からAndroid, iPhoneで使える Eye-Fi Mobi 4GB が¥2600程度です。)

Eye-Fi Mobiの場合、以下の点でメリットがあります。
  • Eye-Fiアカウントの登録が不要
  • PCでの設定不要
    • (スマホで、製品に添付される番号を打ち込むだけで設定完了)
  • 公式のサポートを受けられる
現在の価格差であれば、Mobiを買う方がメリットが大きいように思います。