読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LOVE PENTAXYZ

News & Tips about PENTAX products, and daily photos by PENTAX cameras.

PENTAX Q-S1の良いところ! ~世界最速のQ-S1レビュー、たぶん

Review Q-S1

PENTAX Q & Q-S1
お疲れさま初代Q、こんにちわQ-S1

ついに Q-S1が手元に届きましたので、さっそく2時間ほど使った感想をまとめてみました。

【デザイン】

初代Qよりも、ミニチュアカメラという佇まいで個人的にはめっちゃツボです。かわいい!


デザインも良いのですが、何より、今回はカラーのラインナップがセンス良すぎて悶えます。
ちなみにこのカラーは1歳になる娘が選びました。閑話休題。
Q-S1 First Light
スマートエフェクト「極彩」
ちょっと、おしゃれで、それでいて細部にこだわった、カメラっぽいデザイン。
ほんと素敵だと思っています。

マグネシウムボディのQに比べると男心をくすぐるようなイカつさはなりを潜めてしまっています。

しかしながら、樹脂ボディとはいえ、プラスチッキーさをあまり感じさせない良質な造りで、アルミ削り出しの前面ダイヤルと赤外線受光部と相まって、個人的には、質感が落ちたという印象はありません。

なお、外観のレビューに関しては、下記が詳しいです。

【画質】

Q-S1 First Light
スマートエフェクト「フェードカラー」
メインに645とK-5 (APS-C機)を使っていることもあり、Qシリーズにはあまり多くを求めていないのでその辺り念頭において頂きたいのですが、SNSに投稿する分には、ISO6400くらいまでガンガン使っても十分じゃないでしょうか。

スペックを見る限り(画像エンジン、センサが同じなので)たぶんQ7と同じだと思います。

初代Qからですが、JPEG変換エンジンが優秀なので、RAW撮りの必要性は感じません。

センササイズ相当というか、細部がちょっとベタっとする傾向は、初代Qの頃から変わらずあるように感じます。

【操作性】

ワンハンドで完結するインターフェースで使い勝手は良いです。初代Qに比べて、ボタン類の配置やクリック感の改善により、かなり使いやすくなってるように感じます。
Q-S1 First Light

モードダイヤル以外は、クリック感も含めQ7とほぼ同じだと思います。

【バッテリー】

Qと変わらず、D-LI68で、可もなく不可もなく。Q-S1に限らず、Qシリーズはちょっとバッテリー容量が少ないので、予備バッテリーを1個家に常備しておくと、いつでも満充電のバッテリーを使えて便利です。

満充電じゃないと心細いとも言う。

【携帯性】

文句なしに最高!
Q-S1 First Light
世界最小のフルサイズ対応レンズ?
m4/3機と比べて、レンズをいくつか持ち歩いてもかさばらないので好きです。

【機能性】

総体的に、初代Qの細かな不満点が解消されていて良いですね。個人的には、初代Qでもこれといって不満がなかったので十分です。

Q-S1 First Light
スマートエフェクト「アンティーク」
スマートエフェクトに、「アンティーク」と「フェードカラー」が追加されていて、これはどちらも結構好みでした。

Eye-Fiカードに対応している(通信のON/OFFを制御できる)のも、個人的には嬉しいです。初代QだとEye-Fiを使うと、電池の減りがけっこう早くなっていました。スマホとの連携は、AndroidだとEye-Fiで十分に感じます。スマホでもiOS(iPhone)だと微妙にめんどくさく感じますが…。

まだ試していませんが、動画中、AFが利くようになったのは地味に嬉しいところ。娘を撮るのに助かります。

Q-S1 First Light
スマートエフェクト「フェードカラー」
Q7同様、ちゃんと縦横位置撮影の判別ができます。初代Qで地味に不便だったのでこれは良かった。

あまり細々書いてもあれですので、詳しくは、商業誌などのレビューをどうぞ!という感じでしょうか。

そうそう、FAQを見て気づいたのですが、Mモードで、ISOを固定し、シャッターを最遅側にダイヤルを回すと、Bulbモードに切り替わります。これ、言われないと気づかない気がします。

【液晶】

別段不便は感じないですし、ARコートされているので、外光には弱くないとは思うのですが…
晴天下(ピーカンの下)では無力ですよね。
Q-S1 First Light

液晶シェードとかルーペを使えばいいとは思いますが、どうにかなんないですかね、これ。

【ホールド感】

良好でした。
Q-S1 First Light

巷で不評の、赤外受光部(出っ張り)ですが、この出っ張りとレンズ鏡筒の間に、ちょうど指がホールドされるので、個人的には、Q7,Q10のグリップ部よりもいい感じに本体をグリップできます。

デザインだけじゃなく意外に実用性が高いように感じました。

【総評】

何気ない日常を切り取るのには、最高の相棒だと思っています。
Q-S1 First Light

初代Qを使い込んで、ボロボロになってきたこと、画質面で少々不満があったので
今回気に入ったデザインのリニューアル機を購入できて本当に良かったと感じています。