LOVE PENTAXYZ

News & Tips about PENTAX products, and daily photos by PENTAX cameras.

PENTAX機に、ライカR/コンタックス/OMレンズ




特別企画:自力で戻せるマウント改造に挑戦! - デジカメ Watch に、レンズ側のマウント部を改造するパーツが紹介されていました。


フランジバックの近いレンズを利用する方法として、レンズのマウント部分の金具を交換する方法があることは知っていたのですが…

個人レベルでのレンズの改造方法としては、割とメジャーとはいえ、まさか製品ができるレベルにまで発展していたとは思いませんでした。

Leitax社にて、各種メーカーの一眼レンズ用にマウント改造部品が販売されています。

PENTAX機(Kマウント機)に取り付けるためのレンズマウント改造部品としては、以下の3種が販売されています。

商品60ユーロ+送料30ユーロの計90ユーロ程度のようです。

使いたいレンズ1本ごとに改造パーツが必要ではありますが、どうしてもPENTAXで使いたいレンズがある場合には良いのではないでしょうか。(非破壊なので、元に戻せますし)

いかんせん割高なので、OMレンズに関しては、以前紹介したカメラ側のマウント部品交換(PK+MM) の方がいいのでは、という気はします^^;