LOVE PENTAXYZ

News & Tips about PENTAX products, and daily photos by PENTAX cameras.

PENTAXッー!俺だーッ!結婚してくれー!


Symmetry

公式インタビュー

フォトキナにて、赤羽社長自らインタビューに答えられています。

ペンタックスがやるべきなのは、…、時間を超越して記憶に残る映像を創りだすことだと思います。一瞬で消えてなくなる瞬間を、撮影者の視点とセンスによって写真として遺す。そんな有限を無限にするような技術や製品を作る方向にリコーイメージングは向かうべきだと考えています。
自分たちが作ろうとしている、作るべきカメラは…、ある特定の層に満足いただける質のモノを高い品位で実現するべきだろうと。…
「これこそが撮りたかった写真だ」、「後世に遺したい写真だ」。そうした写真を撮影する道具を提供することがリコーイメージングの使命です。
ニッチ市場を狙うことは以前から一貫して公式からコメントされていますが、社長自ら明言するなんて、ますますブレませんね!!安易に流行りに流されず、敢えて茨の道を進む姿が、ロックだと思います!やばい、惚れる!(もともと好きですが)

しっかし、赤羽社長って、経営も技術も、顧客のこともよく理解されているというか、理解あり過ぎて逆に怖いですね。凄い人や。。。


それはそうと、デジカメinfoの下記記事にて

インタビューアの本田雅一氏が、コメント欄で「フルサイズに言及していないこと」ついてフォローされています。

デジカメinfoのコメント欄でフォローしても意味ないと思うのですが…。何か言わずにはいられないような、何かがあったのでしょうか。

イベントなど

双眼鏡で遊ぶチャンス

各種双眼鏡ならびにスポッティングスコープを実際に借りられるようです。

双眼鏡はオススメですよ。自分は、パピリオ(マクロ域の観察が可能な双眼鏡)を使ってますが、両目で対象を見るので、カメラとは立体感が全然違います。未体験の方は、この機会に遊ばれてはいかがでしょうか。

写真展

2014年11月12日(水)~11月24日(月)の長瀬正太氏の 「和紙写真展 『心』」 が気になる。