読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LOVE PENTAXYZ

News & Tips about PENTAX products, and daily photos by PENTAX cameras.

PENTAXの接眼レンズ


少し前になりましたが、接眼レンズに関する特許出願が公開されていました。



出願情報

出願番号特願2012-199404
出願日2012.9.11
公開番号特開2014-56021
発明の名称接眼レンズ系
発明の概要f 16-20, アイレリーフ 21mm前後の接眼レンズ(周辺部まで補正)
発明者能村 洋一、加藤 浩司

発明者

能村  洋一氏は01 PRIME LENSの設計を、
加藤  浩司氏はDA18-135のメカ開発などに関わられたり、DA50,DA★300の設計をされた方です。

接眼レンズの特許出願自体、近年のPENTAXにしては珍しい気がするのですが、加えて、能村  洋一氏と、加藤  浩司氏という組み合わせが珍しいなと思いました。

発明の内容

発明の課題

第1レンズ群(フィールドフラットナー)・視野絞り・第2レンズ群の組み合わせの接眼レンズ系が知られている(*)が、これらの光学系は、フィールドフラットナーに頼りすぎている(屈折力が強すぎる)ため、第2レンズ群で最周辺部を補正しきれない。このため、視野絞りのエッジ部が、ボケる、色滲みが発生するなどの問題がある。

(*) 特開2008-15418号公報 、 特許第3518704号公報 、 特開平6-109983号公報
いずれもニコンの出願。

発明の要点

周辺部まで良好に補正した接眼レンズ系を実現する。
公報を読んだ感じでは、レンズ配置・材料を最適化したという感じでしょうか。。。

全長は46mmほど、アイレリーフが21mmほどなので、この光学系だけでもそれなりのサイズですね。

余談

何用の接眼レンズなのか分かりませんでした。。。
最初、天体望遠鏡のアイピース(XOとかXW)かなと思ったのですが、調べてみると光学系が違うし…。
謎い。


アイレリーフ長と、光学系を考えると、天体望遠鏡用のアイピース(XWシリーズ)と見るのが妥当かなぁ。