読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LOVE PENTAXYZ

News & Tips about PENTAX products, and daily photos by PENTAX cameras.

K-S2レビュー vol.4 ~K-S2はバッテリーグリップの夢を見るのか?


最初に

本記事では、Pentax Ricoh Family Club プレミアムメンバー向けの フリートライアルにて無償貸与して頂いたK-S2について、当blog管理人が勝手気ままにレビューしています。本レビュー記事の内容に関して、リコーイメージング社は一切関与しておりません。

K-S2の底面

ふと、気になったことがあったので、唐突にK-S2の外観レビューをしてみる。
K-S2の底面はちょっとだけ変わっていて

K-S2の底面。
CEマークの下に穴が
用途が不明な穴があるんですよね。なぜか。

ちなみに、K-S1だと三脚穴以外、何もないですね。
K-S1の底面。
「綺麗な面(ツラ)してんだろ。撮影機能には関係ないけどな、これ。」

(安い三脚の雲台をゴリゴリ押し当てたせいで塗装がはげているのはここだけの秘密だ!
※後日、ちゃんとした三脚を買いました)

バッテリーグリップの可能性

K-S2の底面の穴を見ていたら、健全なPENTAXIAN男子としては、『三脚穴と合わせてバッテリーグリップを固定できるじゃん?』とか妄想しちゃうじゃないですか。

で、エントリー機~中級機向けに用意されたバッテリーグリップの過去の事例を調べてみると
PENTAX  単三バッテリーパツク FG 37000
PENTAX バッテリーパック FG
固定用の金属ピン(右端)に注目!
全MZシリーズ(ただしMZ-Sは除く)向けに用意されたバッテリーパック FGとか
CANON EOS Kiss X7i/X6i/X5/X4用バッテリーグリップ BG-E8タイプ【互換品】【バッテリーパック“LP-E8”対応!】【純正品と同等の性能を実現!!】
Canon BG-E8
こちらも右端に固定ピン。

廉価機にもバッテリーグリップが製品として存在しているようですし、K-S2が今の勢いで売れに売れれば

これはッ!K-S2にバッテリーグリップ追加のチャンスがあるでッ!!

とか思ったんですけどね。

あ。これ違うかも

K-S2、バッテリー室のフタが外れないんですよね。
仮にバッテリーグリップ付けたとして、この蓋どうするねん…。
※ CanonのKissシリーズは蓋が外せるようになっている
この電池蓋がなぁ…
しかも、K-S2ってば防滴防塵じゃないですか。
バッテリーグリップFGみたいな、バッテリ室に差し込む構造で防滴防塵を死守するなんて、難易度高すぎじゃないですか、ヤダー。

バッテリーグリップを見越しての穴というより、単に、底面にストライプ状の彫込みを入れた関係で、樹脂成型する都合上、作られた穴(成型時の樹脂材の微妙な遊びを逃がすための穴)なのかもしれません。

それでも、ぼくはッ!バッテリーグリップの夢をッ、あきらめないッ!!

連載