読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LOVE PENTAXYZ

News & Tips about PENTAX products, and daily photos by PENTAX cameras.

K-S2レビュー vol.3 ~DA18-50mmは良いレンズ。

Review K-S2 DA L18-50mmF4-5.6 DC WR RE

DAL18-50mm、沈胴状態の、その姿が好きだ。(逆説的)

最初に

本記事では、Pentax Ricoh Family Club プレミアムメンバー向けの フリートライアルにて無償貸与して頂いたK-S2について、当blog管理人が勝手気ままにレビューしています。本レビュー記事の内容に関して、リコーイメージング社は一切関与しておりません。

下記にDA18-50mmの外部のレビュー記事などをまとめています。


DA L 18-50mm F4-5.6 DC WR REは良いレンズ

デジカメinfoさんのところに、K-S2の海外でのレビュー記事の抄訳が上がっていました。
そうだよ、そうなんだよ、ブラザーッ!K-S2は、キットレンズ含めめっちゃいいんだよ!と、いうわけで、今回はK-S2にキットレンズとして付属する『DA L』 18-50mm F4-5.6 DC WR RE のレビュー記事を書いてみたいと思います。
ここ1週間(300カットほど)使ってみた個人的感想としては、
  • 軽い・コンパクト
  • レンズ内モータ(DCモータ)採用で静音 (※ 個人的な感覚だとAF速度は並+α。)
  • 簡易防滴防塵(WR)
  • ズーム全域で写りがGOOD
    • 色乗り・コントラスト 
      • 良好。PENTAXらしい、ちょっとこってり目の色乗り。
    • 解像力 
      • 必要十分以上。よく解像してる。
      • (※ K-S2・K-S1(2000万画素)で等倍で見てさえ、わりと良い感じ)
    • 諸収差 
      • 自分の目では全然気にならないレベル
      • デジタル補正なしでも少ない気がする。
      • (※ 色収差・歪曲収差ともに少ない部類かと思う)
    • 周辺減光 
      • 広角端・開放ではわりとある。少し絞れば無問題。
      • デジタル補正で簡単に解消できるので、JPEG撮って出しなら気にならない。
    • 逆光耐性 
      • PENTAXのレンズらしい逆光耐性の高さ。
  • QSAF対応
と、一体これ以上キットレンズに何を求めればいいのかわからないレベル。DA Lでも十分すぎる性能なのに、単体発売のHDコーティング版(HD PENTAX-DA18-50mm 3.5-5.6 DC WR RE)は、さらに性能が上がるんでしょうか。PENTAX、パネェっす。K-S2とともに、全力投球感のある良レンズだと思います。

客観的なデータに基づく定量評価については、海外に任せるとして、以下、作例(という名の、京都散策中に撮ってきた写真)を載せたいと思います。

作例

クリックで、Flickrのページ(原寸表示可)に飛びます。
キャプション中の『 (f = **mm) 』 は、撮影時の焦点距離を示しています。

鴨川
鴨川です。実に鴨川しくて良いですね。
(f=18mm)

小石拾い
小石を探しています。なんか、石が好きなんですよ、うちの娘。
(f=18mm)
おっさん
京都大学の裏手にあったジュース屋さんにて。小さいおっさん。
※ 露出を+して、ハイキーにしてます。
(f=50mm)
京大裏
京大裏。あ、ちなみに「京大裏」って地名です。省略形かよ!
(f=23mm)
白川疎水
白川疎水です。
(f=37mm)

Nakanoshima building at night
あ、ごめん。これ大阪。
(f=18mm)

Nakanoshima building at night
きれいなだけじゃ物足りない。どーしたもんですかね。
(f=32mm)

Nakanoshima building at night
ナカノシマビルディング at night
(f=28mm)
今回は以上です。
次こそは、バリアングル超便利!今まで(固定式の液晶では)撮影できなかった写真が!増えるんですよ!マジで!みたいな話をしたいと思います。
ここまでお読みいただいた読者の方、いつもありがとうございます。

連載