読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LOVE PENTAXYZ

News & Tips about PENTAX products, and daily photos by PENTAX cameras.

K-S1 がオールドレンズの母艦に適していると書いたが。あれは嘘だ。


IMGP0982.jpg

購入直後のレビュー
で、『オールドレンズの母艦に適しているかも』ということを書いたのですが、実際にオールドレンズ(PENTAX Mレンズ)を付けて遊んでみたところ、あまり適していないという印象を受けました。

To Good

  • 明るく見やすいファインダー
  • ライブビュー (×10表示) でピントを追い込める
IMGP0991.jpg

To Bad

  • 2000万画素と高画素のため、
    AFアシストの精度ではジャストのピント合わせは難しい
    • ※ これはK-S1のせいというには酷ですが…
  • Mモード での露出補正ができない
    • グリーンボタンを押したとき、
      現在の絞り値においてカメラ側が判断する適正露出にしかセットできない
    • ※ 上位機種(K-5)では、アンダーやオーバーに調整可能
    • ※ PENTAXのお家芸である「ハイパーマニュアル」系の操作が不可
  • グリーンボタンの配置がマニュアル撮影に不向き
    • グリップしなおさないと押し辛い
    • ※ 上位機種(K-5)だと、グリップした状態で親指を動かすだけ
  • ISO切り替えが手間
    • 画面に切り替えメニューを表示する必要あり
    • ※ 上位機種(K-5)ではISOボタンを押したまま、ダイヤルを回すだけの1アクション

IMGP0960.jpg

個人的印象

K-S1は、DAシリーズのレンズなど、現行のAFが使えるレンズを「快適かつ手軽に使う」ことに特化して作られたのかなぁという印象です。