読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LOVE PENTAXYZ

News & Tips about PENTAX products, and daily photos by PENTAX cameras.

K-3II ~流石、PENTAX俺たちにできないことをやってのける!(と思ったら違ったって話)




K-3IIに関するリーク情報が、デジカメinfoさんに公開されております。

K-3からの変更箇所 (概略)

  • 手ぶれ補正機構(SR)の強化
    • 従来3.5段分だったところを4.5段分の効果に (他社のハイエンド機に肉薄)
    • たぶん制御モータやモータ制御アルゴリズムに改良が入ってる
  • GPS機能、アストロトレーサ(O-GPS1の機能)の内蔵
  • 超解像モードの実装
    • たぶんファームウェアの改良での対応。
  • AF-Cの改善
    • たぶんファームウェアの改良での対応。
  • アンチモアレ機能の改善
    • わざわざ、ローパスセレクターと呼ばないあたり、別の技術を開発?よくわからないけど、たぶんSRの改良と、ファームウェアの改良の合わせ技での対応。
わりとソフトウェアによる変更が多い印象です。

雑感

まさか、ストロボを取り払って、O-GPS1を組み込むとは。

流石、PENTAX、俺たちできないことをやってのけるッ!

ストロボ部分へのGPS搭載なら、ボディ部のシャーシを削って強度を落とすこともなく、電波の受信強度を確保できるので、この仕様は、ほかメーカも追随するで。すごいや、PENTAX!

とか思ったのですが、この道は既に通られた道。CanonのEOS 6DGPSWi-Fiをストロボ部に搭載してますね。しかも、6Dの斜視図を見る限り、GPSとWi-Fiの2つ合わせても、基板めっちゃ小さいし。

K-3II、なんでWi-Fi内蔵しなかったん…。

なにはともあれ、O-GPS1はぜひ内蔵して欲しかったので、個人的には嬉しい限り。

一人反省会

前回ペンタプリズムは一緒だろう、と書いたのですが、ストロボ部分の意匠が変わっていたとは…、見抜けなかった。俺のバカ、この節穴がッ(殴

気を取り直して、前回の予想の反省会を勝手に開きたいと思います。
  • ○ シャーシ、ボディは同一
    • 金型は同一っぽい。
    • けど、金型に影響のないストロボ部分の意匠が変わっていたので、なんか試合に勝って、勝負に負けた気分。一本取られた感が…。
  • ○ Wi-Fi、NFC非搭載
  • ○ センサは同一
    • 変わってる可能性が0ではないけど…。
  • △ 背面ロゴの変更 
    • 無印になりましたね。
    • RICOHではなくなったものの、ちょっと想定外。
  • ☓ 新型 AFユニット
    • 搭載されませんでした。
    • 現時点では、K-S2、K-3IIとAFの制御周りが立て続けに改良されているので、現行のSAFOXに対するソフトウェアの改善に注力されている感じでしょうか。
  • ☓ 画像処理エンジン
    • PRIME III続投。
    • ハードウェアの変更点が少なかったので、妥当な感じです。
    • 未発表のMilbeatが搭載される、なんてこともなく、デュアルで搭載されることもなく、チップマニア的には残念です。(「チップマニア」って言いたかっただけちゃうんかと!)
    • よく考えると、PRIME IIIは、645Zにも搭載されている(中判センサを扱えるポテンシャルのある)代物なので、フルサイズ機もこれで対応してしまいそうな気もします。
  • ○ 超解像モード
    • 載った。
  • ☓ サイレント撮影モード(電子シャッターへの対応)
    • 記載なし
    • 超解像モードでは、機械式シャッターで4回撮影するのでしょうか。並みの三脚では振動が載ってしまうのでは…。
    • ただ、電子シャッター撮影ができるようにしようとすると、たぶんセンサーも変更になってしまうので、うーん。どうなってるのでしょう。
    • OlympusのE-M5 MarkIIのように、シャッター機構を新設計している可能性もなきにしもあらずとは思うのですが…。センサがAPS-Cだし、可動範囲が1画素と、(m4/3に比べれば)センサ移動量の許容誤差に余裕があるので大丈夫なのでしょうか。
  • ○ 流し撮りモード
    • 記載なし
    • DFA★70-200登場まで温存でしょうか。
  • ○ 手ブレ補正機構の強化
    • 上述の通り
6勝3敗1引き分け。5:5というところでしょうか。まだまだPENTAXを理解できているとは言い難いので、これからも精進したいと思います。

AFユニットぇ

AFユニットが更新されなかったのが意外だなぁとも思ったのですが、ハードウェアの更新は、開発リソース的に無理があるのか、フルサイズ機まで温存なのか。

そういえば、SAFOX IX (K-5) → SAFOX X (K-5IIs) →SAFOX 11 (K-3) では、もともと測距点が電気的には27点ある同一のユニットを使っているという話があったので、今のユニットで突き詰めれるところまで突き詰めるのかもしれません。

となると、新たに外側に測距点を設けようとすると、かなりの開発リソースが必要なのかもしれず、測距点の増加はあまり期待できない感じでしょうか。測距点に関しては、他社のフルサイズ機を見ても中央寄りですし(たぶん、あれ。フルサイズ機のレンズの外周部は、通常、収差がけっこうある→位相差AFで正確に測距できない、ってのが原因ではないでしょうか)、続投かなぁ。

個人的には、位相差AF利用時に、RGBセンサを使って顔認識AFが実装されると嬉しいのですが、はてさて。

4/23追記

正式公開されました。
流し撮りにも対応のようですね。
ジャイロセンサーで流し撮り方向を自動検知する雰囲気です。

フルサイズ機予想

  • PRIME III
  • SAFOX 12
    • ただし測距点はSAFOX 11と同じ。制御周りに変更あり。
  • K-3, K-3IIのAEユニット
  • K-3II のSR
  • O-GPS1、Wi-Fiの内蔵
  • 超解像モード
  • 流し撮りモード
あたりが載るかなぁ。全然わからない。

なんか、こうK-3IIの登場で、フルサイズ機の概要が見えてくるかと思ったのですが、巧みに隠されてしまった感もあって、なんだかモヤモヤしてます。