読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LOVE PENTAXYZ

News & Tips about PENTAX products, and daily photos by PENTAX cameras.

K-3後継機のリーク画像 ~PENTAXのDNAを受け継ぐ、真のPENTAX機 (続報追加)

News


digicame-infoさんにK-3後継機のリーク画像が公開されています。

スペック予想(妄想)

外観について

現行のK-3と同一ですね。ペンタプリズム周りが大きく見えますが、斜め右下から見ると、K-3もこの形状です。

レンズは、DAL18-55mm WRですね。これも、K-3と同じですね。(※K-3は、海外ではDAL18-55とのセットで販売されています。)

K-5IIという名称と外観からして、おそらく金型はK-3と同一ではないでしょうか。フルサイズを控えたこの時期に、金型を作りなおすのは非現実的かなぁと思いますし(金型の作成→製造ラインの変更 ってコストかかりますし)。

何が変わらないか?

金型が同一っぽいので、バリアングル/チルト液晶の線はないかなぁと。

Wi-Fi、NFCはあると便利ですし、(現在K-S2用に公開されている)連携用のアプリImageSyncもよく出来ているので載ったら良いなぁという感じですし、筐体のスペース的には問題ないんじゃないかなと思うのですが、K-3と金型が同一だと、ボディはほぼ全面マグネシウム合金で覆われるので採用は難しい?(一番載って欲しい機能だけど、載るかなぁ…、なんとかして載せるの、か?)

センサに関しては、現行の2400万画素センサを越える性能のものが外販されてないので、これも変わらないかなぁ。(Nikon D7200の24MPセンサや、SONY α6000の像面位相差AF付き24MPセンサが載ると面白いかなぁとは思うのですが、両者とも虎の子のセンサなのか、外販されていませんし。)

何が変わるのか?

年末にはフルサイズ機が控えてる(=4月現在、フルサイズ機用の要素技術開発はそろそろ終わっているはずである)ことを考慮すると、金型を変えずにAPS-C機に詰め込めそうな機能としては
  • 背面ロゴの変更 (PENTAXに!)
    • 性能には関係ないけど、これはやってほしいw
  • 新型 AFユニット(SAFOX)
    • そろそろフルサイズ機に載せるSAFOXが出来上がっていてもおかしくないので、それを載せてくるのでは。
    • 測距点の数が増えてもいいんじゃないかなぁと。
    • F2.8光束対応のスポットの追加とか、F8光束への対応が追加されると嬉しいですね。
  • 新型 画像処理エンジン(PRIME)
    • AFユニットを更新すると、必要になるかなぁと。
    • ただ、元になっているDSP(Milbeaut)の新型はまだ発表されていないので、はてさて。PRIME IIIを2個載せてくるとか(筐体内にスペースあんのかな…)、クロックアップ版を載せてくるとか?
  • 超解像モードや、流し撮りモードの搭載
    • 画像処理エンジンがアップグレードされれば現実的になるのではないかなぁと。
  • サイレント撮影モードの追加
    • もし超解像モードが載るなら、必然的に電子シャッターでの撮影機能が付いてきますね。
  • 手ぶれ補正機構(SR)の強化
    • フルサイズ機にSRを載せるために、モーター周り(駆動系)の強化があってもおかしくはないかなぁと。超解像モードなどへの対応にもメリットがありそうですし。
    • SR自体は、フルサイズ機とAPS-C機とで別物になるとは思いますが、駆動系の転用くらいはあっても良さそうです。
あとは、動画機能の強化とか?4k動画への対応とか。画像処理エンジンが強化されればあり得そうですね。(PENTAXの一眼レフに関しては、元になってるDSPのスペックがそのまま反映されますし。お寿司)

バッファの増量なんてのも、手としてはありますが、K-3のバッファは少なく見積もっても既に500MBくらいありますし、どうなんでしょう。あんまり積むと電力消費量が増えますし、これ以上積むかなぁ…。

雑感

以前のインタビューで、K-3は、K-Sシリーズとは異なり、従来からの熱心なPENTAXユーザのためのコアライン(PENTAX のDNAを受け継ぐ、真のPENTAXの系統)と明言されていたので、ちゃんとこのラインを残された感じですね。良いですね。

追記

4月末に発表とのこと。
digicame-info+他のソースからの情報と記載されています。

超解像モードの搭載は可能性が高そうですね。

なんだかPRIMEエンジンはそのままPRIME IIIが続投するような気もしてきましたが、はてさて、どうなることやら。

追記2