読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LOVE PENTAXYZ

News & Tips about PENTAX products, and daily photos by PENTAX cameras.

HD PENTAX-D FA645 35mmF3.5AL[IF] 正式発表


D FA645 35mmF3.5の光学系
先日リークされていたHD PENTAX-D FA645 35mm F3.5AL [IF] が正式に発表されました。2015年12月4日発売で、価格は¥230,000(税込)前後のようです。
1.中判デジタル一眼レフカメラの超高精細画像に対応する光学設計
高屈折低分散ガラスハイブリッド非球面レンズに加え、新設計の高性能ガラスモールド非球面レンズの採用により、色収差や球面収差などを効果的に抑え、十分な周辺光量を確保するとともに、高い解像力と切れ味のよい描写性能を実現しています。
『レンズスペック的に HDコーティングを施したFA645 35mmかなぁと思わなくもなく。』なんて書いておりましたが、プレスリリース文を見た感じ、光学系に一部(?)改良が加えられたようです。謹んでお詫び申し上げます。

主な変更点

  • 光学系の改良
    • 高屈折低分散ガラス、ハイブリッド非球面レンズ、ガラスモールド非球面レンズなどの採用
  • 円形絞りの採用
  • HDコーティングの採用
  • レンズ前面に、SPコーティングの採用
円形絞り+HDコーティング+SPコーティングの組み合わせは、DAレンズのHD化のときと同じ流れですが、光学系が一部(?)改良されたというのが目新しいですね。

Isui-en @ Nara, Japan

雑感

今回のDFA35mmF3.5のスペックと、旧型のスペックと見比べてみると、基本的なレンズスペック、具体的には、レンズ構成(7群10枚)や、最短撮影距離(0.3m)、最大撮影倍率(0.25倍)といった性能は、まったく変わっていないようです。細かく見れば、重量のみ10g増加していますね。

ここからは推測になりますが、おそらくFA645 35mmF3.5の光学系をベースとして、『非球面レンズ』を、現在の加工技術で高精度に量産できるものに置き換えたのかなぁと。

FA645 35mmF3.5の発売は2002年と、既に15年近く立っているので、硝材(ガラス)の入手性が良い物や、より高性能なもの(屈折率が高いものや、分散の低いもの、形状精度をより高くできるもの)を上手いこと取り入れて、収差を減らしたのかなぁとそんなことを思っています。

この光学系、おそらく、2枚目のレンズに高屈折率低分散ガラスをベースにしたハイブリッド非球面レンズを採用しているのが肝で、設計の流れとしては
  1. 2枚目に、現在の(15年前よりも屈折率・分散が改善された)『高屈折率低分散ガラス』を採用
  2. FA645の2枚目と集光特性をなるべく一致させるように、2枚目の裏側(図面右手)にプラスチックレンズを形成 (→ ハイブリッド非球面レンズとする)
  3. 最終段の非球面レンズで、適宜収差を調整
という感じじゃないかなぁと。

既存レンズのHD化リニューアル

まぁ、例によって適当な妄想なので事実はわからないのですが(1年半後くらいに特許公報が出れば検証できなくもない)、今回のように、光学系はそのままに、一部の硝材を最新鋭のものにリプレイスすることで性能を改善できるのであれば、既存のDAレンズも改善される可能性もないでもないんじゃないかなぁと。

メーカーにとっては、新規開発よりはコストは抑えられて、リスクは少ないし、ユーザーにとっては、高性能なレンズが使えるしで、わりと一挙両得な感じがするので、実現可能性はまだある気がしなくもないわけで。

あ。

Nara Park

個人的には、光学性能よりAFモータを改良してほしいかなぁ…。