読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LOVE PENTAXYZ

News & Tips about PENTAX products, and daily photos by PENTAX cameras.

Flickr の集計結果について思うこと

News

momiji at midnight
 
 
詳しくは元記事に譲るとして、Flickrの投稿に使用されたミラーレスの比率が3%、と極めて低いことに注目が集まっています。

実際のところ(CIPA統計によるカメラ出荷数)

一眼レフ or ミラーレス

一眼レフは過去20年近くに渡り販売されてきたため累積のユーザ数ではまだまだ主勢力とは思われますが、CIPA 一般社団法人カメラ映像機器工業会 : [統計] デジタルカメラ (国内カメラメーカの海外での出荷台数)を見てみると、ここ最近の出荷台数ベースで、

 

海外において(※Flickrユーザの多くが海外ユーザであるため)
 
【2011年】  一眼レフ : ミラーレス = 6 : 1
【2012年】  一眼レフ : ミラーレス = 5 : 1
  【2013年】  一眼レフ : ミラーレス = 5 : 1 
  【2014年】  一眼レフ : ミラーレス = 4 : 1 
  【2015年】  一眼レフ : ミラーレス = 3 : 1 
 
となっており、近年では海外においてもかなりの割合でミラーレスへの移行が進んでいます。
 
現在カメラを使っているユーザにおける比率は正確なところはわかりませんが、少なく見積もっても3%ということは考えにくく、Flickrのユーザ層が現在の趨勢から乖離していると考えるのが妥当と思われます。
 
率直な感想としては、ミラーレスの購買層をうまく取り込めていないのだなぁと。昨今のミラーレスはWi-Fi搭載気が多くFlickrとの親和性が高そうに思えるのですが、Flickrでは一眼レフよりも少ない、というのは意外な感じです。

スマホ比率について

スマホ(Camera Phone)で投稿しているユーザの比率は全体の39%と、うまくこの層を取り込めているようにも見えるのですが、iPhoneだけでもレンズ交換式カメラ(一眼レフおよびミラーレス)に対して優に5倍以上の出荷台数を有することを考えるとレンズ交換式カメラと同じ程度の割合というのはなかなか趣深いです。
 
強引ではありますが『Flickrのユーザは写真にそれなりにコダワリを持っている』とみなすと、スマホでも綺麗に写真を撮って残したいと考える層が、スマホユーザのうち20%くらいいるということでしょうか。
 
何だかんだ言っても、みんな写真好きなのですねヾ(o´▽`)ノ (安直な結論)
the mountains of Minoh Park
周回遅れで今年も紅葉が撮れた。実に喜ばしい。

 

Flickrについてのとりとめもない雑感

Flickrはモバイル化のトレンドをうまくとらえなかったが、Flickrらしい良質な写真の共有とコミュニケーションは、昔と変わらず保ってきた。100年写真を残し続けてくれる企業としての歩みを始めたとするなら、あと50年は写真を託し続けてみようと思う。

という言葉が残されております。

「モバイル化のトレンドに取り残された」とみるかはさておき(個人的には、なんやかんやでキャッチアップできているようにも思えますが)、ミラーレス化のトレンドにも少し間を置いてキャッチアップするのじゃないかなぁとそんなことを思ったりします。

コンサバティブな感じもありますが、Flickrの的確にツボを抑えてアップデートしていく様は、『良質な写真を長く残し続けるサービス』の会社という感じがしていいですね。