読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LOVE PENTAXYZ

News & Tips about PENTAX products, and daily photos by PENTAX cameras.

FA31mmF1.8AL Limited with C-PLフィルター

FA31mmF1.8 Limited DIY

こんな感じで普段使っております^^


FA31とPLフィルターについて検索されている方がいるので、自分の使い方をメモしておきます。検索の元ネタは下記スレッドでしょうか。

自分のFA31+C-PLの構成

FA limitedシリーズに関しては、delphianさんが『秘密基地-別館: ウエポン化』で紹介されているフードの延長方法があるのですが(いわゆる、FA limitedの『ウエポン化』の元祖かと思われます。)

自分は、bluem.worksさんが発展させた『bluem.works FA31ウエポン化』にて紹介されている
  • 八仙堂 オス-オス継手リングφ58
  • 八仙堂 メス-メス継手リングφ58
  • 八仙堂 汎用標準フードφ58
の組み合わせで、フード先端にφ62 のC-PLフィルターを付けて使っています。

正面から横から

この構成のメリット・デメリット

  • メリット:
    • C-PLフィルタ枠が大きいので操作しやすい
    • C-PLフィルタの取り外しが簡単
  • デメリット:
    • C-PLを付けると最外周がケラレる事…^^;
赤線より外側がケラレています。
一面に広がる空や海を撮ったときに気になります。
φ62 のC-PLフィルタが良いお値段だったので、寝かすのも勿体なく…、今はC-PLフィルタを使うときは、トリミングを前提として使っています^^;

トリミング後

ふだんのFA31の構成


ここまで書いておいて、ふだんは
  • 八仙堂 オス-オス継手リングφ58
  • 八仙堂 メス-メス継手リングφ58
のみの構成で使っています。

自分自身は特に逆光で困ったことがないこともあり、深いフードは特に必要としていないこと。
どちらかというと、むき出しの巨大な前玉を保護したいというのが主要な目的なので、これで十分だったりします。(精神的にかなり安心した状態で、ふだん使いができます^^)

地味に、この構成だと、携帯性が素の状態と変わらないのが気に入っております^^

また、φ58フード+C-PL をカバンに忍ばせておけば、手軽にC-PLを追加できるというのも隠れたポイントでしょうか。

勝手におススメするFA31+C-PLの構成

と以上の、自分の経験を踏まえるならば
  • 八仙堂 オス-オス継手リングφ58
  • 八仙堂 メス-メス継手リングφ58
  • 八仙堂 汎用広角フードφ58
  • C-PLフィルタφ58
または、
  • 八仙堂 オス-オス継手リングφ58
  • 八仙堂 メス-メス継手リングφ58
  • C-PLフィルタφ58
がおススメでしょうか。