読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LOVE PENTAXYZ

News & Tips about PENTAX products, and daily photos by PENTAX cameras.

フォーカシングスクリーンをクリアに見せる技術


f:id:d_ymkw:20160202171117p:plain 左:従来技術(マイクロレンズアレイに起因するモアレ発生)
右:今回の技術(マイクロレンズアレイにランダム構造をもたせることでモアレが発生しない)

エンジニアの嗜みで、リコーイメージング社によるフォーカシングスクリーンを見やすくする技術に関する特許明細書が紹介されています。

egami.blog.so-net.ne.jp

詳細は、上記記事に譲るとして、ちなみにマイクロレンズアレイっていうのは

f:id:d_ymkw:20160202171645p:plain

通常、上図108の位置に挿入されているフォーカシングスクリーンに周期的に形成された微細なレンズ構造のことです。ミラーを反射してきた光を適度に拡散することで、像を見やすくする効果があります。(古くから知られている技術ですが、実用化されているかはよく知りません…^^; だれか教えて!)

こういう一眼レフ特有の技術開発はPENTAXらしさが感じられ、見ていて楽しいですね。

雑感

今までの流れからすると、PENTAXの製品に使われている技術の特許明細書って、製品発表の直前に出願される(=製品発表から約1年半後に公開される)ってパターンが多いので、この技術、実際に使われるのかなぁとぼんやり。明細書の権利範囲・実施形態を流し読みした感じでは、具体的記載が少なめで網羅的に書かれている雰囲気から、研究開発レベルの出願っぽいかなぁと。

この出願の出願日は2014年7月なので、もし実用化されていれば実はPENTAX K-3で既に使われているなんて可能性も考えられそうです。