読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LOVE PENTAXYZ

News & Tips about PENTAX products, and daily photos by PENTAX cameras.

KマウントでまさかのSTFレンズ! Laowa STF 105mmF2

News

f:id:d_ymkw:20160125192110j:plain

Venus Opticsという中国のメーカーが、Laowaというマニアックなレンズブランドを展開しているのですが、このメーカーから近々 STF付きの105mmF2 (T3.2)が発売されるようです。各種マウントで発売予定で、その中にはKマウントも含まれています。

photorumors.com

目次

STFについて

STFは『スムース・トランスファー・フォーカス』の略で、特殊なフィルタを光学系に入れることでなめらかなボケ味を実現する技術のことです。もともとミノルタの専売特許だったかと思いますが、特許が切れたのか、近年では他メーカからも発売されています。この特殊なフィルタは、メーカーによってはAPD(アポダイゼーション)フィルタとも呼ばれています。

STFの原理については、下記記事が詳しいです。簡単に言うと、外周部ほど濃くなるグラデーションNDフィルタを挟んでいる感じです。

nijikarasu.cocolog-nifty.com

作例

作例は下記スレッドから見ることができます。たしかにボケ味はなめらかですね。

スペック

  • レンズ構成: 8群11枚 (APDフィルタ1枚を含む) 高屈折率ガラス1枚と低分散ガラス3枚を使用。
  • MF (APDフィルタは位相差AFに影響を及ぼす)
  • 最小撮影距離: 0.9m
  • 最大撮影倍率: 0.16倍
  • フィルタ径: 67mm
  • サイズ: 76 mm x 98.8 mm (レンズマウントにより変動あり)
  • 質量: 746 g (レンズマウントにより変動あり)
  • 対応マウント: Canon EF, Nikon F, Pentax K, Sony A and Sony E
  • カラー: black と silver

続報

当初、価格は$550–750(日本円で6万~8万くらいでしょうか)になると噂されていました。

が、当初のアナウンスでは2016/1/18発売だったのですが、どういうわけか未だに発売されていません。Laowaの公式サイトからも情報が消えているので、発売が延期、もしくはキャンセルされたのかもしれません。

上記記事によると、夏前$600(日本円で7万円前後)で出荷予定のようです。

Venus Opticsについて

公式サイトはこちら。もともとマクロ撮影に特化したレンズメーカだったかと思いますが、今回ポートレートレンズを手掛けるようです。

ちなみに、このメーカが今までに作成したレンズは

の2つで、いずれもとても個性の強いレンズです。

今回のSTFレンズといい、技術力のある面白いレンズメーカーですね。