読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LOVE PENTAXYZ

News & Tips about PENTAX products, and daily photos by PENTAX cameras.

Samyang 85mmF1.4のコスパは異常

Review

近年国内外で全般的に高い評価を得ているSamyangの 85mm f/1.4 AS IF UMC (Kマウント)のレビューがDxOMARKで公開されました。テストにはPENTAX K-3が用いられています。

www.dxomark.com

旧型と新型の違い

新型。85mm f/1.4 AS IF UMC。今回のレビュー対象

旧型。85mm F1.4 Aspherical IF

以前のもの(85mm F1.4 Aspherical IF)は金色のリングでしたが、今回レビューされている最近のものは赤いリングになっています。

光学系自体は変わりない雰囲気ですが、最近のものは、レンズの型番に『UMC』とついており、Samyang独自のレンズコーティング(UMC)が施されているようです。また、鏡筒もかなり質感が上がっているように見えます。

DXO MARKのテスト結果

  • DxOMARK Score(F2での性能)は26point
    • トップクラスの性能で、SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Art(27point)やDA★55mm(27point)と遜色ない。
  • 開放でのシャープネスは12M-pixで比較対象より良い
    • F5.6まで絞るとシャープネスは全域で超良好
    • F4では中央部は僅かにF5.6より良くなるが、周辺部は僅かに劣る。
    • 開放ではいくぶん柔らかい。ポートレート向け。
  • 各収差は極めてよく補正されている
    • 歪曲は0.1%で樽型。大口径レンズにも関わらず極めて少ない。
    • 周辺減光は-0.6EV。大口径にしては随分少ない。
    • 色収差は4μm。かなり少ない
  • 透過率はT1.8。妥当な値。

また、比較対象として、純正中望遠レンズDFA100mm MacroとDA70mmLimitedとの比較も行われています。DA70に関しては、ポートレート向けに意図的に周辺に像面湾曲を残しているので、数値での比較対象としてはあまり向いてない気もするのですが^^; 詳しくは、紙面に譲るとして、Samyang ≒ DFA100 > DA70 といった雰囲気です。

※余談になりますが、Syamyangのレンズは通常、絞り込み測光(Stop down metering)となるようですが、Kマウント(PENTAX)用のみ開放測光が可能との噂もあります。

※Kマウント(PENTAX)用レンズに関しては、Aポジションに対応する接点があり、PENTAX Aレンズ同様に、絞り優先モードやシャッター速度優先モードができるようです。おそらくは大丈夫と思われるのですが、すべてのレンズについて確認できているわけではないので購入の際にはAポジションの有無をご確認ください。(Thanks to igares!)

DXOの結論

リーズナブルな値段で、少し絞れば極めてシャープ。光学性能を考えれば、バーゲンセール価格といえる。

しかしながら、AFがないこと、絞り値が把握できない/記録できないことを考えると、一般に普及することはないだろう。

これらの欠点に目をつぶれるなら選ばない理由はない。リーズナブルな値段でかつ、極めて高い描写性能。

海外では$299といったところ。国内での価格は3万円前後が相場でしょうか。

余談

旧型のレビュー

旧型の85mm F1.4 Aspherical IFも発売当時から評価の高いレンズでした。

旧型は逆光耐性が玉に瑕との噂もあったので、あえて選ぶ理由はなさそうです。 買うならコーティングが改良された新型かなと。

フルサイズでの使用感など

今回のレビューはAPS-Cになりますが、フルサイズでのレビューなども国内外問わず多数上がっており、周辺までカリカリに解像するとの噂です。歪曲は僅かにある模様。とはいえ、海外で有志がLRのプロファイルを作成済みなので、歪曲すらも補正可能です。無敵やな…。

光学系の話

発売当初、FA★85mm F1.4のコピーではないのかという出所不明の噂が流れたのですが、確認してみると…

f:id:d_ymkw:20160122064949j:plain

PENTAX FA★85mm F1.4

f:id:d_ymkw:20160122064953j:plain

Samyang 85mm f/1.4 AS IF UMC

うん。別物ですね。素人の感想にはなりますが、Samyangの方が(後発なので当然といえば当然ですが)、レンズ枚数を増やして諸収差を抑え込むような構成になっている、ように見えます。

追記

@47shinaxさんに、旧型85mmF1.4が発売された当時のことについてコメントを頂きました。

というわけで、AI AF Nikkor 85mm f/1.4D IFのレンズ構成図をみてみると…

f:id:d_ymkw:20160123165604p:plain

あっ…。

極めて似通っていますね。レンズの間隔が異なっていることから、わずかに各レンズの曲率が異なるようなので、ニコンの特許は回避されている可能性が高そうです。

ただ、なんというか。設計思想は同一、もしくは参考にしたのではないかなと…^^;