読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LOVE PENTAXYZ

News & Tips about PENTAX products, and daily photos by PENTAX cameras.

フルサイズで使える?③ DA50-200mm → 使えない。けど、今後に期待


PENTAX 望遠ズームレンズ 防滴構造 DA50-200mmF4-5.6ED WR Kマウント APS-Cサイズ 21870

PENTAX 望遠ズームレンズ 防滴構造 DA50-200mmF4-5.6ED WR Kマウント APS-Cサイズ 21870

巷にDA50-200をフルサイズでテストした記事が見当たらなかったため、SONY α7 + マウントアダプタを用いてテストしてみました。

テスト結果

f:id:d_ymkw:20160112124315j:plain

f:id:d_ymkw:20160112124319j:plain

f:id:d_ymkw:20160112124321j:plain

f:id:d_ymkw:20160112124323j:plain

f:id:d_ymkw:20160112124325j:plain

細かくは失念しましたが、開放~ある程度絞った状態・ズーム領域は50~200mmで可変させてます。絞ると、ケラれる量は減少していますが、全域でケラれます。

感想

どの焦点距離においても、周辺がケラれました。また、周辺減光もかなり見受けられました。使える範囲は、APS-Cとほとんど変わらないため、フルサイズでの実用性は皆無といって構わないと思います。

推測になりますが、APS-Cに最適化するためフレアカッターが入っているのではと思われます。ただ、周辺部の像は崩れていない(中央部とさほど遜色ない)ため、光学系(レンズ構成)自体はフルサイズを考慮している可能性があります。APS-C用としてさえかなり小型軽量で扱いやすいレンズですし、光学系はそのままにフレアカッターを外しフルサイズ用にリニューアルしたものが出てくると面白いですね。

テスト機材について

SONY α7 + STOK製 DAレンズ対応マウントアダプタを使いました。

『マウントアダプタによる悪影響がないか』の確認・検証は下記記事に公開しています。

sonymemo.hateblo.jp

sonymemo.hateblo.jp