読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LOVE PENTAXYZ

News & Tips about PENTAX products, and daily photos by PENTAX cameras.

街歩き用にカメラバッグETSUMI E-3410を買った

Review

街歩き用に購入したカメラバッグ ETSUMI E-3410

目次

  • 前口上 (無駄に長い)
  • ETSUMI E-3410のレビュー
    • 今回カメラバッグに求めた性能
    • 買ったもの『本当に欲しいカメラバッグ』
    • ◎良かった点
    • △いまいちな点
    • 結論
  • 余談 (本格的な機材を持ち歩く場合に参考になるレビュー)

前口上

先月の暮れにpentax memoでカメラバッグの話題が挙がっていたので、『自分もそういえば街歩き用のカメラバッグ買い換えたいなぁ』と思い立ってカメラバッグを買いました。

今までは、ボディ2台&レンズ4、5本+αの重装備で『ガッツリ撮影するぜっ!』という心持ちのとき用に買ったManfrottoのブリオ・スリングバッグ 30型 (MB SV-S-30BB)をふだんから使い回していたのですが、近頃はそれも億劫になってきていました。
というのも、pentax memoの『最近使っているカメラバッグ』にも書かれているのですが、スリングバッグに機材を入れ過ぎると重量バランスが悪くなり肩ひもで胸が締め付けられて『うっ』と…。容量だけでカバンを選んではいけないだなんて…。そのときは知る由もなかったのです。閑話休題。

そんなこともあり、近頃ではK-S1のキャンペーンでもらったクラッチバッグ(インナーケース付き)にボディ1台とレンズ2本程度の組み合わせを入れて持ち歩くことが増えていたのですが、細々とした不満点が積もってきたので、先月のpentax memoの日記を機に買い換えることにしたのでした。

 ETSUMI E-3410のレビュー

今回カメラバッグに求めた性能

今回カメラバッグを選ぶにあたっての前提条件を、pentax memoの効率的なカメラバッグ選びの手順に合わせて書いておきます。
  • 利用シーン: 日常生活でカメラを持ち歩けるように
    • 通勤の行き帰りや、家族とふらっと出かけるときなど
  • 入れる機材の組み合わせ: カメラ+レンズ×2+α+日常生活に必要な細々としたもの
    • カメラボディ+レンズ2本 (単焦点2本 or 単焦点+廉価ズームレンズ)
    • フラッシュ(AF201FG)とO-GPS1
      • 出し入れすると、必要なときに忘れることがあるので常に入れておきたい
    • 単4電池、SDカード、フィルタ
    • 長財布
    • スマホ
    • 鍵束
  • 重視する項目: 今までのバッグでの細々とした不満点の解消
    • 上部のファスナーを開いてダイレクトにカメラを取り出せる構造
      • 理由: 肩に下げた状態からダイレクトにカメラを取り出したい。フラップがあると、撮影のためカメラを取り出すたびに開け閉めする必要がありめんどくさい(=カメラの稼働率が下がる)ため。
    • 赤や水色などビビットカラーの内装
      • 理由: 自分の場合、持ち物に黒い小物が多いので、内装が黒色だと見分け辛くなり、どこにいったか分からなくなることが多々あったので。
    • 小物を収納できる複数のポケット&長財布を入れられるポケット
      • 理由: 大きいポケットが1つではなく、小物は分別して入れたい。財布と、スマホ、鍵束と、撮影小物類など、それぞれ用途が異なるものなので、別々に決まった位置に収納することで、出かける際に素早く有無を確認できるようにし、また必要に応じて素早く取り出せるようにしておきたい。
    • ショルダーパッド
      • 理由: 細い肩ひもだと機材が重くなったときに肩に食い込んで痛かったので。
      • ※ 今回購入してみて、正直ショルダーパッドは効果が微妙なので、どっちでも良かったかもと思っている。

買ったもの『本当に欲しいカメラバッグ』

以上のような条件で、ヨドバシ梅田の店頭にあったものを一通りチェックした結果、自分の求めていた機能を網羅しつつ、価格が一番リーズナブルだったESTUMI E-3410にしました。


他にも最後まで悩んだ候補は合ったのですが、決め手は価格に加え、商品に付属していたPRタグでした。

このカメラバッグのポイントがまとめられたPRタグ
PRタグに書かれたウリ文句が、カメラバッグを物色していた時の自分の心境にジャストミートだったので、『まさか、このバッグは俺のために作られたのかっ!?』とその時はテンション上がり気味でレジに向かいました。今思うと、値段とウリ文句にアテられた感があり、今その時の自分に何か言えるなら『冷静になれ』とツッコみたい。

とはいえ、この1ヶ月ほど使ってみてウリ文句通りの機能性の高さには満足しています。というわけで、以下では1ヶ月使ってみた現時点での良かった点、いまいちな点をまとめてみました。

◎良かった点

実用性が高い!!

詳しくは、PRタグの画像をクリック!(ってダメ?)

小型なのに収納力が高い!

DA50-200にフードをつけた状態でも奥行きに余裕がある
自分に必要な機材を全て収納できたことはもちろん、高さ方向(奥行き)に余裕があり、DA★55やDA50-200にレンズフードを付けたままで収納できました。あとウエポン化したFA31も。

ササッと写真をとって、そのままカメラをバッグに戻せるのですごく楽です。自分の場合、今までフラップのあるものや、奥行きのないものしか使ったことがなかったので殊更便利に感じます。

側面にペットボトルを収納できる

街中で買った時に、側面にペットボトルを収納できるネットがあります(上の写真のK-S1の隣のところ)。登山用バッグみたいな感じ。ファスナーが付いていて、ふだんはファスナーを閉じればペタンコになるのもGOODです。

△いまいちな点

デザインはいまひとつ

実用性重視な造りという感じでしょうか。身につけていてテンションが上がる要素はないです。『いや、何を求めてるんだお前は。』と言われてしまいそうなのですが、デザインって使い手のメンタルに作用するので、モノとして大事な要素なんだなぁと。

この記事を読まれた方には、カメラバッグを選ぶ際にはデザインもよく考慮して頂きたいです。

開口サイズ(縦方向)の余裕がない

奥行き横幅には余裕があるのですが、縦方向が、一眼レフにはギリギリのサイズという感じです。K-S1は大丈夫なのですが、K-5だとちょっとバッグが縦に膨れます。バッテリグリップをつけた日には100%無理です。来春出る予定のフルサイズも無理そうです…。

もっとも最小サイズ(5.5L)のカメラバッグに重装備を入れるなよ、という気もします。なお、このシリーズ、ワンサイズ大きいものもあるので、本格的な機材を入れたい場合はそちらを、ということかもしれません。

片側の肩紐が捻じれる

縫製の話と関連するのですが、使っているうちに、肩紐の付け根に変な癖がつきました。写真に写した側(肩紐とバッグ本体との間にDカンがある側)だけですけど。
斜めがけしていると荷重が変にかかってしまう
これ、説明しづらいのですが、斜めがけしていると、自然とこういう感じに捻れてきます。

捻じれる原因が気になったので、鞄屋に行って巷のショルダーバッグと見比べてみたところ、おそらくですが、バッグの構造に問題がある感じです。おそらくはコストカットのための工夫かと思うのですが、Oカンと繋がる本体側の紐の構造がふつうのショルダーバッグに比べて簡素になっています。

捻れても使えるのですが…、気持ち肩にかかる荷重が増えた気が。

結論

実用性は極めて高く、コストパフォーマンスは良好。ローコスト製品ではあるが、縫製もしっかりしているので意外と長持ちするかもしれない。
別段不足はないのだけれど、デザイン的に遊びがなさ過ぎるのが玉に瑕な感じ。『もうちょい予算を増やして良い物を買ってもいいのでは』という感は否めない。
トータルの満足度は

今は、CULLMANN マキシマ300とかManfrotto STILE (SM390-1BB)が良かったかも知んないとか思ってる。

ちなみに、今まで買ったバッグの中ではFREITAGが超絶好みだ。(誰も聞いてねーよ

余談

pentax memoでカメラバッグの話を見る新しいカメラバッグが欲しくなる』という流れにデジャブを感じるッ!!と思って、pentax memoのアーカイブを見返してみたら11月末〜12月にかけては例年カメラバッグの話をされていました。そりゃデジャブを感じるわけだ。(なお、2013年は未確認)

自分の場合は軽い機材しかないので、それ用のカメラバッグ選びになっていますが、大三元など本格的な機材を持ち歩く場合には、ふだんから大口径のレンズを持ち歩かれているpentax memoのレビューや日記が参考になるかと思います。

日記 (カメラ選びの過程)

レビュー記事

レンズのように完全網羅とまではいきませんが(いってないです、よね?)、多様なカメラバッグを実際に購入し試されています。レンズ同様、客観性の高い正確なレビューで素敵やと思います。
  • カメラバッグ - pentax memo
    • カメラバッグの選び方(手順)が記事にまとめられており、これだけでもお役立ち度は非常に高いです。
    • ロープロのウエストバッグ型、ショルダー型、スリングバッグ型、ホルスター型と各種タイプのレビューがあります。
  • 最近使っているカメラバッグ - pentax memo
    • 2015.12月現在、最新のカメラバッグレビュー総まとめ
    • 圧倒的thinkTANKphoto感。
話は全然変わるのですが、最近手に入れたFAJ18-35
超廉価ズームレンズではあるのだけど、思いの外よく写るのでびっくりしてる
フルサイズで遊ぶ日が楽しみ