読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LOVE PENTAXYZ

News & Tips about PENTAX products, and daily photos by PENTAX cameras.

筋肉があれば何でもできるっ!


先日、ライブ・ステージ フォトグラファーの田浦ボン(@taulabon)さんの事務所に。

田浦さんは過去にフォーサーズをお仕事に使われていたということだったので、今は余っている(?)フォーサーズのレンズをお借りしようと、お邪魔してきました。それはさておき、面白いものをたくさん見せて頂いたので、許可を頂いた範囲で記事にしてみたいと思います。

筋肉があれば何でもできるっ!

田浦さんの手にかかれば、
まるで赤子の手をひねるかのよう
ご覧ください。こちらのレンズは、オリンパスが誇る超弩級レンズ ZUIKO DIGITAL ED 300mm F2.8です。

このレンズ、田浦さんに教えて頂くまで存在すら知らなかったのですが、改めて調べてみると、MTF曲線を一目見ただけで分かるくらい、高性能なレンズですね。こんなレンズが今から10年以上も前にあったなんて…。

レンズの性能はさておき、このレンズ、3.3kgあります。

なにそれ、やばい。重過ぎて、もはや人には扱えないじゃん。

と思いきや、田浦さん、何事もなく手持ちで振り回されてました。このレンズを何事もなく手持ちされた時点で、唖然としてしまったのですが、

35mm判換算600mmになるにもかかわらず、シャッター速度 1/20s でも全然ブレずに撮影されており、なんかもう、別次元の人過ぎて、

プロすげー、まじプロすごいわー (呆然)

という感じで、いや、もうなんていうか、ほんと呆然という感じでした。※ 大事なことなので2回言いました。

それはそうと、田浦さんに、「今度出るDFA★70-200mmが1.7kgもあるんですよ。どーやって扱おうか悩んでて、しっかりした三脚が必要でしょうか?それとも、機動性を考えて一脚でしょうか?」などという悩みを相談したところ、

『腕を鍛えるのが早いですよ。』(意訳)

という大変有難いアドバイスを頂きましたので、『たかだか1.7kgのレンズに俺は何を悩んでいたんだ?!俺も腕の筋肉を鍛えるっきゃない!』と認識を新たにしました。みんなも腕を鍛えよう。

筋肉があれば何でもできるっ!

以下、雑談。

色々テンションが上がりまくったもの

田浦さんが撮影されたライブ・ステージのスタッフパス、
の極一部。
部屋中、メジャーアーティストのスタッフパスだらけで、見てるだけで,
うぉぉぉ!って感じでした。この感動、伝えたいッ!
けど、伝わりませんね。すみません。

なお、田浦さんがお仕事で撮影された写真は、Googleの画像検索を使えば、ちょっとくらいは出てきます。

引き伸ばしレンズがあるべきところに!(シャッキーン
このメカメカしさがたまらないッ!!(グギャァン!!
お分かりいただけるでしょうか。正真正銘の引き伸ばし機です。ちなみに、4台並んでいました(ぇ 物凄い圧巻でした。すごい。凄すぎる。。。

撮影用のレンズだけでも100本は下らない感じだったのですが、引き伸ばしレンズも物凄い数がありまして、見ているだけで幸せでした。しかも、ちゃんとどのレンズも手入れされていて、ほったらかしの我が家とは(以下略

Apo-Nikkor 480mmを付けて

※ Lightroomでめっちゃ加工してます
さらにさらに、時間があったので大判カメラをその場で組み上げて頂きました。眼福でした。

大判カメラの超絶大きなフォーカシングスクリーンを覗いたときの感動は、645のファインダーを初めて覗いたときの比ではありませんでした。(゚ー゚*)。・:*:・ポワァァン

このサイズ感を伝えるすべがないのが口惜しい…。

レンズ沼への誘い

「今なら、67レンズがお買い得ですよ!」(意訳)

との悪魔の囁きとともに、右手にはこんなものが。
お土産。誠にありがとうございました!
(67 - 645変換マウントアダプタ)
pentax-memoさんや、世間一般のレンズ収集家の方に比べればまだまだとはいえ、最近改めて所有するレンズを振り返ってみると、30本ほど集まっていたので、「もうレンズ集めも一段落かな…」と勝手に思っていたのですが、まさか、67レンズに手を出す日が来るとは…。

なんやかんやで、改めて、田浦さんの事務所にて、うず高く積まれるレンズの山を目にし

オレたちは漸く嵌り始めたばかりだからな この果てしなく深いレンズ沼をよ

という気持ちになりました。管理人、まだまだ青二才でした。筋トレとともに、レンズ収集にも精を出していきたいと思いを新たにした次第です。


いや、それにしても、大変良い夜でした。

みなさま、ごきげんよう!(うざい)