読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LOVE PENTAXYZ

News & Tips about PENTAX products, and daily photos by PENTAX cameras.

冬が駆け足で近づいてくる中、K-S1のセンサに一人郷愁の念を覚える

K-S1

K-S1 with various lens
K-S1 + Super-Takumar 55mmF1.8
K-S1のセンサと言っても、画素数やローパスレスの話ではなく、センサのゴミ取り機構(ダストリムーバル、以下「DR」)の話。

K-S1 DRの仕様

PENTAX公式の仕様表によると、
K-S1 の仕様表から抜粋
とのことで、超音波振動のDRIIじゃないんですよ、奥さん。まぁ、今までのエントリー機通りと言われてしまえばそれまでなのですが、DRをONにすると、PENTAXのエントリー機を使っていた方にはおなじみの『カコカコ音』がします。

ところで、撮像素子駆動のDR (以下、DR I)って、公式に『なんちゃってダストリムーバル』呼ばわりされて、「実は効果ないんですよね」なんて言われていたような気がしますし、

自分自身、過去にDR IのK100Dを長らく使っていた経験からも、『あんまり効果なくて、ゴミ掃除は自分でしないといけない感』が強かったので、K-S1も使う前から『ちゃんとゴミ取れるのかなぁ』と少しばかり心配でした。

とはいえ、SPコーティング付(※)なので、実は、DR Iでも十分なゴミ取り性能が出せるようになったのかなぁって期待するじゃないですか!?

※ 公式の解説が見当たらないのですが、センサ手前のIRフィルタがSPコーティングされているのでしょうか。何気に、この仕様、PENTAXの一眼レフでK-S1が初めてのような…。もし、本当なら、センサをゴシゴシ布で拭いても問題ない気がするのですが、流石にそこまでの勇気はないので試していません。

残念!従来通りのDR Iでした。

ふと気づいたら「絞って撮ると、センサに付いたゴミが写ってる!」なんてことが、わりとあります。

F11まで絞ると、こんなところにゴミが見える!
(ゴミは、このあと管理人がブロアで簡単に吹き飛ばしました)
K-S1を購入早々に、台風が来ている日に海辺でレンズ交換をしていたら、あっさりゴミがついたので、それ以来、外でのレンズ交換はなるべく抑え、普段から気を付けて使っているのですが、ゴミが付くときは付きます。

いや、まぁ無茶し過ぎなのは自覚してるのですが、DRIIのK-5は同じように使っても全然問題ないのですよ。そんなわけで、K-S1のDR仕様については

ク*DRがッ!!

と罵倒したくなるのが、一般ユーザの心境かと思うのですが、自分くらい信仰心が篤いPENTAXIANになると、『(DR Iの)K100Dみたいだなぁ』と、しみじみと昔を振り返り、一人郷愁の念を覚えつつ、K-S1を使うことができるので、信仰も捨てたものではありません。

IMGP7190.jpg
郷愁ってなんだろう
あ。えーっと何の話でしたっけ?

DR Iとの上手な付き合い方

今までDR Iの機種を使ってきた経験、とサポートセンターの社員さんから教えてもらった事をまとめてみました。
K-S1を使うにあたっては、以下の点に注意すると良いと思います。
  • 設定で、「電源OFF時にDRを有効」に
    • ぶっちゃけ意味はありませんが、何か、健気に頑張ってる感がして愛着がわきます
  • 外でのレンズ交換は控えめに
    • どうしてもしたい時は、マウントを下に向けてササッと交換
    • 風が吹いてる時は体でガード
  • ゴミがついたら
    • ブロアで吹きましょう。
      • K-S1は、今のところこれで十中八九解決しています。
      • K100Dのときはブロアで解決しないこともあったのですが、K-S1の場合、SPコーティングが利いているのでしょうか。
    • PENTAX イメージセンサークリーニングキット O-ICK1 も評判良いですね
      • ワタシはツカッタコトナイデスケド
    • それでもだめなら、サポートセンターへ。
      • 自分の場合は、思い立ったら、昼休みにサポートセンターへダッシュすることが多いです(ナンダッテー

雑感

なんかこー、K-S1って、基本的な性能は悪くないのに、というよりむしろ、APS-C機として良いレベルなのに、ところどころに『使えないやつ感』が溢れていて、このダメな感じがまたグッとくるというか、最近また1つK-S1が好きになりました。
IMGP0195.jpg
ダメなもの好きな私ですが
ルートビア、てめぇだけはぜってぇ許さねぇ
スマホユーザ向けを謳うわりに、それらしい機能がまったく搭載されていないなど、製品としてのコンセプトが煮詰まりきってない感もあって、全く人にはおススメできない機種なのですが、わりといいカメラだと思います。

人にはおススメしませんけれど。(大事なことなので2回言いました)