読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LOVE PENTAXYZ

News & Tips about PENTAX products, and daily photos by PENTAX cameras.

一眼レフもミラーレスも、旧来の延長線上にあるカメラには終焉の足音が聞こえる


iPhone with QX-1
未確認 Eマウントカメラ
知り合いから新しいカメラの購入報告を受けたので写真を撮らせてもらいました^^

未確認の機種、というわけではなく、
写真は、SONY QX-1を、iPhone用のGIZMONケースに固定した状態です。

iPhone with QX-1
iPhoneのクラシックカメラ型ケースに
QX-1を取り付けたのでした

この組み合わせ自体はネタなのですが、

QX-1の使い方について話を聞いてみると
  • ショルダーに固定するためのアダプターを使ってハンズフリーで撮影したり、
    • (子供と手をつないでグルグル回っている様子を写真に撮ったり)
  • 手を伸ばしてレンズだけハイポジションにして人ごみの中からでも前方を撮影出来たり
    • (子供の運動会で、混雑する中、苦も無く撮影ポイントを確保できたり)
と、撮影の自由度が、従来のカメラとは別次元とも言えるレベルで違うようでした。

購入に至った背景など話を聞いてると、アクションカメラの仲間と認識されているようで。

他にもGoProを購入した知り合いからの話などを総合してみると、QXシリーズやアクションカメラ(以下、便宜上「アクションカメラ系」と呼んでいます。)は、旧来のカメラユーザとは全く別の動機や情報チャネルから購入に至るようで、カメラのあり方が今後は変わっていきそうだなぁと、感じたのでした。

未来のカメラユーザ分布

現状のカメラを使うユーザーの数って
スマホ > [越えられない壁] > 一眼レフ, ミラーレス > アクションカメラ系
スマホ > アクションカメラ系 > [越えられない壁] > 一眼レフ, ミラーレス
となっても不思議ではないなぁと思ったのでした。

iPhone with QX-1
アリエナイ未来感がたまらない

というのも、周りのアクションカメラ系の購入者などを見ていると、アクションカメラ系のユーザ層が、マーケットの規模的にはマイナーな「カメラ/写真愛好家」ではなく、より一般的なアウトドアを楽しむ「一般人」に依っているようなので。

おそらく、潜在的には、ユーザの母数も、マーケットの規模的にもカメラの比ではないように思っています。アウトドア寄りの人って、初回の機材への投資が桁で違ってる印象ですし…^^;

話は変わって、今の一眼レフ・ミラーレスユーザって、
  • 「作品」としての写真を撮りたい人と、
  • 「記録」としての写真を撮りたい人が混ざってて
前者はいつの時代も一定数いるとは思うのですが、
後者に関しては、そもそも一眼レフやミラーレスに拘るモチベーションが本来的に存在しないはずです。

なので、アクションカメラ系がよりよい記録手段となれば、そちらに流れると思われます。そうなれば、より一層、一眼レフ・ミラーレス市場の縮小が加速し、アクションカメラ系の市場が拡大する方向に向かうのではないでしょうか。

無論、この先どうなるかは未知数なので、何とも言えないのですが、QX-1には、そんな未来を漠然と感じさせる「何か」が、自分にはあったのでした。

QX-1の感想とか

話は戻って、QX-1、Wi-Fi通信によるラグも致命的というほどではなく
個人的には実用性十分、なによりサイバー感が溢れていて超イイ感じでした。

安くなってるQX-10か、変化球としてFLUCARDが欲しくなってきた…。
とりあえず、誰かFLUCARDを貸してくだ(ry