LOVE PENTAXYZ

News & Tips about PENTAX products, and daily photos by PENTAX cameras.

フルサイズで使える?① DA★55mmF1.4


PENTAX スターレンズ 望遠単焦点レンズ DA★55mmF1.4 SDM Kマウント APS-Cサイズ 21790
ペンタックス (2009-02-20)
売り上げランキング: 14,990


この記事ではDA★55mmF1.4をフルサイズで利用した場合の参考情報として
フィルムカメラ他社フルサイズ機で利用した記事についてまとめています。

目次

  • α7RIIを用いた性能検証
  • フルサイズ機で扱う場合、フードを付けるとケラれるという話
  • フルサイズ機(フィルムカメラ含)での作例一覧
  • フルサイズで使えるその他のDAレンズ

フルサイズでの利用例・レビュー記事

SONY α7RII を用いた性能検証

 

ERPhotoReviewに、SONY α7RII (フルサイズ 4200万画素)を用いてDA★55mmの性能を検証した渾身のレビュー記事が上がっています。

抄訳

  • フルサイズでの描写
    • 歪曲は1.3%で、フルサイズ大口径のレンズとしては典型的
    • 倍率色収差はわずか。軸上色収差は開放では大きいが、フルサイズ大口径のレンズとしては典型的
    • F1.4~F2では周辺減光は大きい(とはいえ、フルサイズ大口径のレンズとしては典型的な性質)。F2.8では周辺減光はマシになる
  • フルサイズでの解像力
    • F1.4では中央部でさえ甘い描写、中間位置及び外周部の解像力は芳しくない
    • F2.8で中央部はかなり高い解像力、中間位置での解像力も改善される、外周部の解像力は芳しくない
    • F4.5~ F5.6まで絞ると外周部の解像力も改善される
    • F7.1以上では、フルサイズ全域でかなり高い解像力
F2.8までは周辺部の解像が微妙な感じですが、そこからは絞るに従い急激に解像力が向上し、F7.1以上では周辺部でもフルサイズ2500万画素相当の解像をするようです(中央部は3200万画素相当の解像力)。

開放から周辺部までキッチリ解像する最新レンズと比べれば見劣りするところはありますが、メインの被写体が中央に寄っている場合や、風景写真など絞ることの多い場面ではフルサイズでも問題なく使えそうな雰囲気です。APS-C用に購入していた人にとっては嬉しい誤算ですね。

フルサイズ機で扱う場合、フードを付けるとケラれるという話

α7IIでDA★55mmを利用されていたことがあるちゃーりーさんから、フルサイズで使う場合のフードに関するTipsとレビューを頂いたので引用します。

 

 

ちゃーりさんのblog Between the moon and the sunでは、α7II にEFレンズ(Canonのレンズ)をはじめ他多種多様なレンズとの組み合わせでの作例がアップされています。ちゃーりーさん的には、現在α7II + AF対応EFマウントアダプタの組み合わせがおススメのようです。閑話休題。


フルサイズ機(フィルムカメラ含)での作例一覧

今まで多くの標準域のレンズを試しましたが、間違いなく一番気に入っています。
FA LTD系レンズをフルフレームで使いたいと思っている
PKユーザーが多いようですが、よほどこのレンズの方が美しい写りです。
普通にというか★55mmの艶っぽい写りはやっぱり良い。
開放だと盛大に周辺が落ちるので、ある程度絞って撮ってます。
フイルムスキャナを使ってギリギリまでスキャンしてみましたが、ケラレはないですね。
smc PENTAX-DA* 55mm F1.4 SDMで撮ってみた写真は確かにきれいに写っていたし、逆光とかも昔のレンズに比べたらそれなりに良くなっているとは思う。

 

フルサイズで使えるその他のDAレンズ

下記記事に一覧をまとめております。