読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LOVE PENTAXYZ

News & Tips about PENTAX products, and daily photos by PENTAX cameras.

こんなレビューありなのか。自由過ぎるK-S1, WG-M1レビュー記事


Girl meets K-S1
Girl meets K-S1
(中和剤的なポジション)
ふと思い立って、K-S1のレビュー記事を探してみたところ、今までに見たことのない、大変インプレッシブな目の覚めるレビュー記事(PR記事)を見つけてしまいましたので、

この感動ゥを、 
ンフンフンッハアアアアアアアアアアァン!
皆様アゥッ と、 
アゥオゥウアアアアアアアアアアアアアアーゥアン!
分かち ァゥァゥ……アー!
分かち……ウッ……合イ、タイッ!
(某議員風に)

皆様にご紹介するレビュー記事は、こちら。
週アスPLUSによるPENTAX K-S1RICOH WG-M1のレビュー記事になります。
タイトルにデカデカと[PR]と明示され、本文においても、いかにもなPR文の内容が並ぶこの記事。

PR記事臭さを一切隠そうとしない潔さだけでも、賞賛に値するのではないかと思われます。

しかしながら、このレビュー記事の真骨頂は、なんといってもレビューア(世界の山さん)の強烈な個性です。

いずれのレビュー記事も、実質的な内容だけを見れば、単にPR文が並べられているに過ぎないにも関わらず、レビューアのその強烈な個性故に、一度読み始めれば、グイグイと惹きつけられ、いっきに最後まで読み進めてしまうことでしょう。

それでいて、読み終えた後には、

『レビューアのインパクトが強すぎて、PRの内容が頭に残らない。』

という未知の体験を味わうことができます。

ご興味を持たれた方、ぜひ一度、お読みください。