読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LOVE PENTAXYZ

News & Tips about PENTAX products, and daily photos by PENTAX cameras.

★K-01 は唯一つのスペシャルモデル、新たなシリーズ展開はしない


© 2012, Jeremy Atherton.
"La Pentax K-01 es un modelo especial, no una nueva línea de cámaras" 
  • K-01インタビュー記事
  • 原文はスペイン語
    • Google翻訳による英訳
    • 2012/ 9/27の記事
    • 回答者は、ペンタックスリコーイメージング マーケティング統括部 商品企画グループマネージャーの川内拓氏
  • 管理人による和訳(けっこう端折ってます)
    • RicohによるPentax買収はどういった影響がありますか?また、どの程度2社の統合が進められているのでしょうか?
      •  両社とも、それぞれカメラを有しています。カメラのカテゴリによっては両社のブランドの結束を強化する傾向にあります。しかしながら、通常は、両社のプロダクトはそれぞれ独立して残す予定です。
    • Pentaxのコンデジ、SLR, ミラーレス、RocohのGXRは残るのでしょうか?
      •  例えば、コンデジにおいては両社のブランドは共存しています、なので何がベストかを探さなければなりません。何かしら学ぶことがあると思います。
    • Pentaxのコンデジはよりシンプルなものに、Ricohはより高機能なものに特化する可能性は?
      •  1つの可能性としてはありえます。しかしながら、現時点では何も決まっていません。現時点でいえることは、Pentaxのレンズ交換式カメラは継続するということだけです。
    • PentaxもRicohも多くのオリジナルプロダクト(例えば、Ricoh GXRやQ, K-01)を持っています。これらのカメラは、ヨーロッパと日本では異なる受け入れられ方をしているのでしょうか?
      •  日本においては、これらユニークな製品は、既にSLRを持っており小さなカメラを欲しいと思っている人には好感をもって迎え入れられています。一方、ヨーロッパでは、このようなマーケットは日本に比べ極めて小さいです。従来のレンズ交換式カメラの比重が50%程度を占め、小型機の需要は10~20%といったところです。
    •  Q10はどういったユーザが興味を持つと思いますか?
      •  2種類のターゲットが定めています。1つは、既に述べたように、二つ目のカメラを求めているDSLRユーザ。もう1つは、こちらが重要なのですが、とにかく小さいことを優先し、その中でより高画質なものを望む一般の写真家や女性です。
    • K-01で、Kマウントを用いるというアイデアは凄いニュースです。しかしながら、デザインやサイズは、持ち運びに便利とはいえません。このPentaxの哲学を、今後他の機種でも維持する計画ですか?
      •  Kマウントの採用により、ボディの小型化はとても難しくなりました。しかしながら、この製品は、Kマウントの可能性を示せたと考えます。K-01は、Kマウントシステムにおいて特別な存在です。なので、このような新たな領域のカメラをシリーズ化することは元々想定していません。
         つまり、このラインが継続されることはありません。しかしながら、Kマウントを用いて何ができるかは今後も挑戦していきます。
    • Ricoh GXR との統合が目標ということですか?
      •  なんともいえません。しかしながら、先にも述べた理由、Kマウントレンズとセンサとの間に距離(※訳注:バックフォーカス)が必要なことから難しいと思います。
    • K-5IIは、数々の改善を加えながら、16MPを維持しました。なぜ、他メーカの機種で使われている24MPを採用しなかったのですか?
      •  K-5は、ユーザの間で高い評価を得ることができました。しかしながら、1つにはAFの改善が指摘されていました。このため、第2世代の新たなエンジン(※訳注:SAFOX X)をK-5に実装しました。一方、ローパスレスのversionをリリースしたいと我々は考えました。
        (※訳注:開発リソースの関係上、24MPセンサの検証/採用にまで手が回らなかったと暗に言っている?)
    • このタイプのカメラに需要はありますか?
      •  この種のフィルターを持たないカメラは既に存在しています。しかしながら、(K-5IIsとは)差異があります。例えば、Nikon D800Eはフィルターを取り外しているのではなく、無効化しています。われわれは、文字通りローパスフィルターを物理的に取り除いています。
    • 近いうちに、Sonyの24MPセンサを採用した新たな機種、もしくはモデルは発表されますか?
      •  もちろん、より高解像度の製品を検討しています。しかしながら、解像度だけを議論する気はありません。なぜなら、画質への影響は、それ以外の要素も絡んでくるからです。また、連射性能はセンササイズによって大きく影響されます。このカメラ(K-5II/s)を開発するにあたっては、これらのバランスを考慮してセンサを決定しています。
    • フルサイズモデルも同様に、ということでしょうか? 
      •  この問題についてはたびたび研究しており、今も行っています。しかしながら、現時点でのフルサイズセンサーの採用は、『手ごろな価格、かつ小型のカメラ』というPentaxの重要な特徴(アイデンティティ)を失うことになります。それは、あまりにもチャレンジングです。そのため、現在は、基本的にAPS-C に注力しています。
         とはいえ、フルサイズをめぐるマーケットの大きさには注目していますし、今後も継続的に研究は進めていきます。
    • 645Dは継続されますか? 
      •  もちろん。645Dは、プロ及びハイアマチュアを向けたシステムです。先ほど新たな90mmレンズの発表があったように、これからも開発を続けます。
  • 管理人ひとりごと
    • K-01は後継機なし確定と。
      • てか、”01” なんて名前冠してたら、今までの慣例からすれば上位機種出せないよね…。
    • フルサイズ機は、フルサイズセンサが安くなるまで出ることはなさそう。
      • 個人的には、Pentaxのフィロソフィーを曲げることを良しとしない姿勢は素晴らしいと思う。(個人的にPentaxが好きな理由はまさにそこなので)
    • APS-C機で、新時代を切り開いてくれたら素晴らしいなぁとか。
    • それにしても、徹底したマイナー路線(盛り上がってきている今、フルサイズを投入しないとか)。きっと、世間的に需要が一巡したころに、なんか面白いフルサイズを作ってくれるんだろうと勝手に思っています。ここまで筋金入りのマイナー路線だと、やっぱりPentaxは素敵メーカーと思わざるを得ないです。