LOVE PENTAXYZ

News & Tips about PENTAX products, and daily photos by PENTAX cameras.

O-GPS1利用時のカメラ制御


特開2012-095080号公報
O-GPS1利用時のカメラの動作 フローチャート図


  • 出願日
    • 2010/10/27
  • 発明者
    • 神村雅之
  • 関連製品
    • O-GPS1
  • 発明の内容
    • O-GPS1利用時のカメラの制御方法
    • 課題
      • 天体の移動軌跡の演算と、撮像素子の移動制御とを同時実行するには、CPUの処理能力がかなり必要(一般的なデジカメに搭載されているCPUでは処理能力不足)
    • 発明のポイント
      • 撮影開始(レリーズ)時に、所定時間、撮影開始まで間をおく
        • その間に、天体の移動軌跡を演算
        • 演算終了後、演算結果を用いて撮像素子の移動制御を行う
      • レリーズから撮影開始までの間に、各種振動 による影響を打ち消す処理を行う
        • ブレ(振動)を検知した場合、ブレによる位置ズレを打ち消すため、撮像素子の位置を調整する
        • ブレ(振動)を検知した場合、ブレによる位置ズレを打ち消すため、レンズの一部を光軸に対して垂直に動かす
        • 振動が酷ければキャンセル
  • 管理人のひとりごと
    • 所定のレベル以上の振動が検知された場合に、撮影をキャンセルする機能は地味に欲しいなと思ったり。
    • 手元のO-GPS1に、ここまでの機能は搭載されていない気がするので、たぶん研究レベルの話だと思うのですが、色々改良のためのアイデアはあるんだなぁと感心したり。(O-GPS2って出る可能性あるのかなぁ…)
    • レンズを動かして(レンズ内手ぶれ補正機構を用いて)、振動の影響を打ち消すという話は、645DでもO-GPS1が使えるようにするためのアイデアなのかなぁと思ったり思わなかったり。
      • なんか、PENTAXの特許公報読んでると、ちょくちょく、レンズ内の手ぶれ補正機構を前提にした話が出てくるのですが、将来的にボディ内手ぶれ補正じゃなくて、レンズ内手ぶれ補正を用いたいって意向があるんでしょうか。。。