LOVE PENTAXYZ

News & Tips about PENTAX products, and daily photos by PENTAX cameras.

レンズ内手ぶれ補正機能付ズームレンズ


特開2012-189840号公報
(参考: 特開2012-118431号公報)
第1実施例 (図中G2Bが手ぶれ補正用レンズ)
  • 参考: 特開2012-118431号公報
    • 発明のポイント
      • フォーカス用のレンズの小型化
  • 出願日
    • 2011/3/11(特開2012-189840号公報)
  • 発明者
    • 阿部哲也
    • 江口勝
  • 発明の内容
    • レンズ内手ぶれ補正機能つきズームレンズ
      (※手ぶれ補正用レンズは、光軸直交方向に移動)
    • 従来の課題
      • 従来の第2レンズ群を丸ごと手ぶれ補正に用いた設計では、
        駆動系の負担が大きい
    • 発明のポイント
      • 第2群の負レンズ単体のみで手ぶれ補正ができるように改良
    • 第1~4実施例
      • APS-C用
      • F3.5 - 5.8
      • f = 16.22 - 53.51mm
    • 第5実施例
      • APS-C用
      • F2.9 - 5.7
      • f = 16.22 - 53.51mm
  • 管理人のひとりごと
    • 阿部氏が、発明者の筆頭に上がっているのが気になります。
      • 現在もPENTAXでレンズ設計者をされている江口氏は、2番目
      • 阿部氏は、画像処理関係の開発に携わられるとともに、PENTAXの天体望遠鏡(125SDP,150SDP)を設計されていた方。
    • もしかして、現在、非常勤か何かの形態でPENTAXに関与されているのでしょうか。とすれば、DA560は阿部氏が設計に関わっている可能性が高いのかなぁと妄想してみたり。
      • 125SDP,150SDPは絶版となった今でも、天体望遠鏡としてかなり高い評価がなされているので、阿部氏設計であればDA560にも期待 してしまいます。(買えないけど)