読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LOVE PENTAXYZ

News & Tips about PENTAX products, and daily photos by PENTAX cameras.

ビヒダスヨーグルトの蓋裏がやばい。(撥水性の面で)

昨年、ヨーグルトの蓋裏の構造について色々なメーカの商品を調べてみました。#ヨーグルトの蓋裏は想像以上に精密だった。が、話題の発端になっていた森永 ビヒダスBB536(の裏蓋に使われている『トーヤルロータス®』)の構造についてはこの目で未確認でした…

#ヨーグルトの蓋裏は想像以上に精密だった。

先月末あたりに、ヨーグルトの蓋(裏)が、ヨーグルトの付着しにくい構造になっているという話がTwitterで話題に上がっていました。#ヨーグルトの蓋裏は想像以上に精密だった に関するツイート!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0],p=…

ダンデライオン

春らしく、タンポポを撮ってみました。寄って気づきましたけど、タンポポって面白い構造ですね。

Fujinar-E 75mmのボケ味

Fujinar-E 75mm F4.5という引き伸ばしレンズに魅入られ、ここ2年ほど常用しているのですが、改めて今までの撮影写真を見返してみると、ボケ味がいまいちでした。今まで、「PENTAX Qで収差見られないし、解像度高いし、ボケ味も最高やわぁ!」と散々blogで書…

ボケ味

Fujinar-E 75mmのボケ味の良さが伝わりそうな写真を選んでみました。これはちょっと画面がごちゃごちゃし過ぎてますが^^;引き伸ばしレンズらしく、色収差・歪曲収差はほぼ0。(PENTAX Qで等倍で見ると色収差が1ドット程度のレベルであるにはあるのです…

ウツボカズラ

この忍び返し、実に怖いですねぇ。。。捉えられていました。うぅ。思い返すだけでも身震いする。。。食虫植物って、ほんと不思議な生体ですね。

限界を感じる

PENTAX Q と引き伸ばしレンズの組み合わせに限界を感じる…。 ボケがうるさい…。パープルフリンジが。。。羽毛も全くと言っていいほど解像しません。超近接での集光を目的に作られた引き伸ばしレンズなので仕方ないとはいえ、遠景になってくると途端に解像し…

珍しかったもの

プセウド・ボンバックス。これ、雄しべがむき出しになった状態の「花」のようです。頭上5,6mくらいのところに咲いていました。 緑のやつは、破裂して画面左のような綿毛が出てくるそうです。 えびすわらい。笑っているようにみえるような、見えないような。…

サボテンって可愛い。

「雪晃」という名のサボテン。鮮やかなオレンジ色の花を頭に載せていました。現像時に調整してみたのですが、オレンジの発色がうまく再現できてません^^; なんだろう、愛くるしい姿というのか。とにかく可愛いなぁ。。。

憂い

スイセン

リコーイメージング:修理受付窓口オフィス移転

本文とは一切関係ありません修理受付窓口 オフィス移転のご案内修理受付窓口が移転とのことです。移転したのは、東京のみですね。大阪は変わらずです。(むぅ)

メジロと桜

K-5用に、望遠レンズがほしいなぁと思いつつ、予算の都合上、何を買うか決まらず悶々としていたのですが、そういえば、換算倍率を稼げるPENTAX Qがあることを思い出したので、どこまでPETNAX Qで解像できるか(満足いく写真が撮れるか)調べるため、試しに持…

ヒマラヤの青いケシ

鶴見緑地公園の咲くやこの花館に行ってきました。写真は、メコノプシス・グランディス。「ヒマラヤの青いケシ」と呼ばれているそうです。とても綺麗な青でした。

Fujinar-E 75mm F4.5 with PENTAX Q

撮影機材PENTAX QFujinar-E 75mm F4.535mm版換算 約418mm作例撮影場所紅葉渓庭園 (和歌山城 西ノ丸広場)Fujinar-E 75mm F4.5に対する感想手持ちの引き伸ばしレンズの中では、ハンパない解像力Qのセンサ(画素ピッチ 数μm)をもってしても、等倍で見て全域…